「店長の鳴瀬です。岡山県日生(ひなせ)の五味の市にて牡蠣漁を営んでおります。お客様のこと・美味しさを第一に考えた牡蠣造りに力を注いでいます。初めてのお客様にはお求めやすい「お試しセット」をご用意させて頂いております。味よし牡蠣の美味しさをぜひ一度、ご賞味下さい!」
美味しい牡蠣(かき)の販売はこちらから >>>>> 味よし牡蠣.comなるせすいさん.com

2009年10月21日

今年初カキフライ!

今日から、カキむき作業が開始しました。
むいたカキを持って帰ってカキフライにしました。
大きなカキは、出荷用に出してしまうので、
家で使うのは、小粒ちゃんです。
小粒ちゃんのほうが、火のとおりが早く、どんな料理にも
使いやすく、味も凝縮されていてとっても美味しいですよ!
MEMO0062.JPGMEMO0068.JPG

一緒に作った、カキのおつゆ
MEMO0065.JPG
posted by naruse-suisan at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 店長の牡蠣日記
この記事へのコメント
カキフライですか〜
一度鳴瀬さんの牡蠣で、レシピをシッカリ調べてから、僕がパン粉からタルタルソースまで全てを作りましたが! 今まで食べた事が無い位の美味しいカキフライでした。超サイコ〜でした。
今年は、又チャレンジしてみたいです。小粒でも充分美味しそうですね〜特権ですね〜(^^♪
おつゆ! これって美味しそうですね!味噌は入れないんですよね。 味付けは、牡蠣の出汁とお酒と塩・・位のモノなのでしょうか!最後に溶き卵なんかもイイですね〜 どんな味なんでしょ〜絶対!作ってみたいですね〜教えて下さいね!絶対美味しそうですよ〜(゜o゜)  正直羨ましくて・・・特権!イイですね〜
今日、コルテオのDVD準備完了です。牡蠣買いにお邪魔する時まで暫くお待ち下さいね。 旦那さんと、娘さんの感想も聞くのが楽しみです。  実際に生で観ると、DVDで観てる時より・・とにかく感動です。DVD!これをよ〜く観てると、生で観たくなるかも知れませんね。来月から東京で再公演。
来年2〜4月が福岡、4月〜6月が仙台で終わりです。(福岡・・・行きたいな〜) 東京のZEDは、常設なので・・う〜ん・・この先十年位はやってますかね〜?? コルテオにしても、ZEDにしても、それぞれに日本人が一人居るんですよ〜。
誇りに思います。
Posted by taatann at 2009年10月22日 03:04
カキフライ、おつゆ美味しそうと言って
いただき、ありがとうございます。
おつゆの味付けは、他におしょうゆを入れます。
これは、義母のを見てやっています。
DVDの準備、ありがとうございます!
コルテオ、ZEDにそれぞれ日本人の方がいらっしゃるとのことですが、バトンとかの方(女)かな?テレビで観たような気がするんです〜。
違ってたら、すみません。
Posted by 鳴瀬 啓子 at 2009年10月22日 21:58
そうですか〜やはり醤油が入ってるんですね〜絶対作ってみたいと思います。
昨日、白石が、牡蠣未だかな〜と言ってました。後すこし!楽しみです!
ZEDのバトンの方は、世界選手権で何と!史上最多の23個の金メダルを取った稲垣 正司さん(男性です)男性でバトンって珍しいですが、凄いですね〜ZEDでは、鑑賞前に色々とスナック関係を買ってましたが、家族皆、鑑賞中食べる事出来ませんでした。手に持ってるだけ・・・^_^;とにかく今まで体験した事の無いジャンルのモノでした。コルテオは、DVDでは5年前カナダ公演での収録モノなので、当時日本人は一人も居ませんでしたが、その後、奥沢秀人さんが参加してます。何といっても鉄棒が最高ですね。 コルテオ最後の演目「ツアーニク」鉄棒なのですが・・以前、元オリンピック選手が言ってましたが、難しいと・・・(゜o゜)それ以外にも凄い演目も幾つかあるんですが! 僕は、歌と音楽が、とても気にってるんで、サントラも買って毎日聴いてます。
Posted by taatann at 2009年10月23日 02:42
白石様のキャラは、最高にまじめでいいですよねえ!
今年も、絶対にお会いしたいです!よろしくお伝えくださ〜い!
ああ〜、男の方なんですねえ。バトンとは、なんか凄そうですねえ〜。私ごとで大変恐縮なのですが、小学校の頃、バトン、習ってました。
これがいろいろと決まりごとがあって、難しいんですよお〜。鉄棒の方も凄そうですねえ〜。
早く観たいです!
Posted by 鳴瀬 啓子 at 2009年10月24日 23:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33103540

この記事へのトラックバック